釜炒り茶
釜炒り茶

日本最古の緑茶製法で香味が強い反面、味はさわやかです。

釜炒り茶製法には向いていない『やぶきた』の栽培量が増えるにつれて釜炒り茶の生産量は激減しています。
現在は荒茶総生産量の0.1%未満で釜炒り茶保存会がある程希少な存在となっています。

日本茶の煎茶が普及する以前から中国より伝わる釜炒り製法。その550年の歴史と製法を今でも受け継いでいる嬉野の釜入り茶。釜炒り茶は曲玉状の形をしており、香味が強い反面、味はさわやかです。
甘い後味を残しながらもスッキリとした飲み心地は洋食にもあいます。
伝統の製法を生かしながら、当店オリジナルの製法技術で香り高く仕上げた自慢のお茶です。


おぉ~釜ちゃん(釜炒り茶) 100g
釜炒り茶の中でも『おぉ~い釜ちゃん』は煎茶の祖として知られている佐賀県出身の『売茶翁(ばいさおう)』が求めていた手作りの香味(清風の茶)をイメージして作られています。※清風とは良茶を飲んだ時に感じられる清らかな風の事で日本の煎茶に求められたイメージ
価格(税込):864円
個数:
在庫あり

釜炒り茶 100g
嬉野でも一部の地域でしか生産されていない釜炒り茶。全国生産量のわずか0.1%未満の生産量で現在は保存会があるほど希少なお茶となっています。
価格(税込):540円
個数:
在庫あり